So-net無料ブログ作成
検索選択
ギター ブログトップ
前の3件 | -

激キルト フルアコを手放しました [ギター]

2014年6月11日(水)


弾く機会の少なくなった方のフルアコを手放した自分用の記録。

IMG_5278.JPG


12年前に魚金にて購入したARIA CUSTOM SHOP のフルアコ
ヤフオクに出してみたら高値の入札をいただいた^^
しかし、もう少し高い落札価格設定だったので成立せず・・・

oku.png


再度の出品では入札が入らずで、買取店に査定を依頼し
名古屋方面に旅立ったのでした。

IMG_5231.JPG


IMG_5233.JPG

IMG_5234.JPG

後付けのエボニー材削り出しピックガード
IMG_5235.JPG

1ボリュームのみ! 潔い
IMG_5237.JPG

木製ブリッジ
IMG_5240.JPG

アリアデザインのテールピース
IMG_5241.JPG

バルトリーニのフローティングPU
IMG_5242.JPG

アリアっぽいヘッド
IMG_5243.JPG

IMG_5246.JPG

IMG_5247.JPG

IMG_5248.JPG

IMG_5249.JPG

背面も激キルト!
IMG_5250.JPG

IMG_5252.JPG

IMG_5253.JPG

IMG_5254.JPG

IMG_5256.JPG

IMG_5263.JPG

IMG_5265.JPG

サウンドハウスで購入したセミハードケース
IMG_5274.JPG

IMG_5277.JPG


見ていて飽きないギターでした。
箱も良く鳴っていいた。
でも、アンプりファイズ時、自分はハムバッカーの方が
ピンとくるみたいです。
なのでこちらは安いがよく弾いています^^

http://bianchi08.blog.so-net.ne.jp/2010-02-25

フルアコ好きの方の手に渡ることを想像しながら
長らく素敵な姿をありがとうございました!

菅野義孝さん ジャズギターセミナーに参加 [ギター]

2012年11月10日(土)



 若手JAZZギタリスト「菅野義孝」氏によるセミナーに参加してきた。
 昔、会社の元先輩でbass弾きのKさんとのディオを聴きに行ったのが
 菅野氏を知ったきっかけで、師匠の潮先郁男先生や志賀 由美子さん
 のギターも聞いてみるきっかけになった。
 潮先氏のお弟子さんは皆ピッキングが綺麗なんですよね~



 場所は千葉船橋市のイオンモール船橋内・島村楽器
003.JPG



 小さなスタジオアットホームなセミナー
004.JPG




 菅野さんと言えば、Super 400のイメージだったが・・・
 (前出のディオの時に弾かせてもらった)
 最近は175を愛用しているんですね^^
 このギター、物凄く鳴っていました!
 ネックも太くて最高に弾きやすかった!
 1960年代物らしいです フルアコ GIBSON 175
005.JPG



 初心者にも対応した内容ですが
 基本が大事!復讐の意味でも参考となる話が満載!
 特に、リズムに対する独自の練習方法を伝授してもらえました。

 ちなみに、メトロノームの拍を裏に感じてやる練習は
 そんなに意味がないよとのこと。
015.JPG


 
 菅野さんのピッキングいいな~
 丁寧なタイム感が大切な事を感じさせていただきました。



017.JPG
フルアコ GIBSON 175
007.JPG





-----------------------------------------------------------




船橋と言えばW邉さんなので、夜は集合して久しぶりにカンパイ^^
020.JPG




W邉さんの今自慢の足? 
021.JPG

その名も「スター ジャック」?? いかしてるだろ~
(先輩のお子様のお下がり)
おいおい、ブレーキが片効きしてるよ~




エレガット弦交換 ダダリオ/フォークナイロン [ギター]

2012年2月11日(土)

ブログ更新久しぶりです[あせあせ(飛び散る汗)]

ガットギターの弦についてインプレしてみます。
津田沼・島野楽器で購入してきたのがこちら
DAddario FOLK NYLON
ダダリオ フォークナイロン ¥1,050
2012021102.JPG
特長は「ボールエンド仕様」

鉄弦のようにボールエンドが付いているのです
2012021104.JPG

2012021103.JPG

また、1~3のナイロン弦はブラック仕様



通常ガットギターはブリッジに弦を結びつけて張ります。
ここが、張替え初期にチューニングが安定しない理由。
ガットギター弾く人は皆んな苦労しています[たらーっ(汗)]
2012021101.JPG

そこで、このボールエンドがチューニングの安定と、張替えの手間を
減らせると思い、今回初めて使用してみました。

交換完了
2012021113.JPG

黒だからこうなる
2012021114.JPG

2012021112.JPG


==============

インプレッション

さすが、弦交換のし易さは抜群でいつもの半分も時間がかからなかった[わーい(嬉しい顔)]
肝心の音の方は
うーん・・・
テンションは、同社のプロアルテのミディアムぐらいかな。
想像通り細めの作りで、それほど前に出てこない音でした。

弾き込んでいると、トレブリーで前に出る音でした^^ 輪郭のはっきりした音なのかな・・・ JAZZやボサにいいかもしれんぞ^^と思うようになった。 ただ、甘さは出にくいのでクラシックにはダメ。 自分の守備範囲にはちょうどいいかもしれん


例えると、オベイション的な?音?
はっきり言って、クラシックには向きませんね。
エレガットでアンプリファイズする際は関係ないでしょうが
生音がしょぼくなりました・・・
一番似合うシーンは、フォークギターでナイロンの音が欲しい
時に使う感じでしょうか。

よし、次回はオーガスチンに戻してみるが[晴れ]

以上

前の3件 | - ギター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。